ちどり丸の船着き場

戸田の係留船釣りとは

ちどり丸の係留船から見た戸田湾内
ちどり丸の係留船から見た戸田湾内

西伊豆の戸田湾には、湾内に係留してある船で釣らせてくれるサービスがあります。

現在は「たか丸」と「ちどり丸」の2つの船宿が係留船への渡し船サービスを行っています。

係留船の料金は一日(朝~夕方)で2500円と、とってもお得。

電話をすれば、好きな時間に帰ることができるのも魅力です。

戸田の湾内は水深30~40mと非常に深く、川の流れ込みや外海からの潮が入るため、鯛類から青物まで幅広い釣果が期待できます。

また、3方向をぐるっと山に囲まれているため、台風の時でさえ波が穏やかで船酔いしやすい人でも安心です。

ちどり丸の係留船について

出船場所と出船時刻

今回紹介するちどり丸さんの係留船は、戸田大川の少し南に位置する「中央桟橋」の近くにあります。

ちどり丸さんの船宿自体は近くの市街地の中にあるのですが、係留船で釣りをする場合は中央桟橋の近くの船着き場(駐車スペースあり)に直接集合します。

桟橋のすぐ後ろには観光客向けの綺麗なトイレがあり便利です。

出船~帰港時刻は、夏は6時~16時、秋は6:30~15:30、冬は7時~15時となっていますが、厳密に決まっているわけではありません。

桟橋付近にお客さんがある程度揃い次第、ボートで岸壁から係留船まで渡してくれます(岸から2~3分以内です)。

ボートは小型のため、荷物はある程度コンパクトにまとめておいた方が良いです。

大潮の干潮の場合、帰港時にボートから岸壁にはしごを使って登る必要があるため、大荷物や高齢者だと大変なので注意が必要です。

ちどり丸の係留船の設備

ちどり丸の係留船(河口部)

ちどり丸の係留船(出典:Googleマップ 投稿写真 ともかずみねお様

ちどり丸の係留船は小型~大型の船までさまざまです。たか丸の船に比べると、若干小型が多いように感じます。

船酔いするほどではないと思いますが、近くに船が通ると少し揺れるものもあるので、不安であれば大型の船に乗せてもらうと良いです。

船は古いものもありますが、そこそこ綺麗に手入れされています。

ライフジャケットは一応ありますが、持参した方が無難かもしれません。

ポイント
  • タモ網あり
  • バケツあり
  • 簡易トイレあり(小型の船は本当に「簡易」な場合も……。)
  • 電動リール用の電源なし
  • 海水のくみ上げポンプなし
  • 竿受けなし

ちどり丸の係留船の位置

たか丸とちどり丸の係留船の位置
たか丸とちどり丸の係留船の位置

ちどり丸のポイントは点在しており、船長に釣りたい魚や場所を希望すると混雑具合を見ながら振り分けてくれます(ただ、夏は何も言わないとマルソウダ狙いのポイントに案内されるのでマルソウダを釣りたくない方は事前に申告しておくと良いです)。

潮通しが良いポイントが多いため、秋のヒラソウダやイナダ~ワラサといった青物狙いではなかなかの実績を誇ります。

朝のうちにマルソウダの猛攻にうんざりしていても、日が昇りきってから1m級のシイラがコマセの匂いにつられて船の周囲をぐるぐる泳いだりしますので、大物の期待も十分です。

また、カケアガリの上に船が位置しているせいで、風向きや潮の流れが変わるごとに竿下の水深が頻繁に変化します。

河口部付近のポイントには海底が砂泥になっておりクロダイが多いのですが、フグやクロサギといった外道も多いです。

ポイント
  • 水深は34~37m前後
  • 海底は砂地のカケアガリ(海底の坂)
  • 湾口に位置するためたか丸の係留船より潮通しが良い
  • 潮通しは良いが魚が一瞬で通過してしまうことが多い
  • 回遊ルートのせいかアジ狙いはイマイチ(ちどり丸ではボート釣りも可能なのでそちらの方が良い)

ちどり丸の係留船での実釣動画

カワハギ・ホウボウなど(冬)

つりブラリー様(→YouTubeチャンネル)の動画です。

厳冬期の1月ということで若干釣果は厳しめですが、小型ボートでの出船や係留船の様子がまとめられた素晴らしい動画です。

カワハギやホウボウといった砂地に住む魚が釣れる様子を撮影しておられます。

魚群探知機を持ち込んで確認されている通り(動画の53秒~)、冬季は魚の反応が薄いです。

魚のエサ場や隠れ家になる根や障害物が無いため、居ついて越冬する魚が少ないからだと考えられます。

マルソウダなど(夏~秋)

うみつりネット様(→YouTubeチャンネル)の動画です。

夏~秋は魚の反応が盛りだくさんで、サバ・ソウダガツオ・イナダなどが釣れ盛ります。戸田湾はとにかくマルソウダが多いので、マルソウダをどうやってかわすかがポイントになります。

また、どうしてもかわせないときはマルソウダを寄せ続け、その魚群につられてイナダやシイラが泳いでくるのを待つという方法もあります(海中の様子を見ていると、他の魚がエサを食べている様子に引き寄せられているのが分かります)。

また、動画に登場する「カイワリ」は超高級魚のシマアジに匹敵するほど美味な魚です。ちどり丸は、係留してある位置のせいなのか、カイワリが釣れやすい傾向にあります。小型でも美味しい魚なので、釣れたらぜひ食べてみてください。トロッとした脂の美味さに驚くはずです。

係留船の真下の水中映像

sa0238様(→YouTubeチャンネル)の動画です。サムネイルには良型のコショウダイが映っています。

河口付近のポイントの海底を撮影した動画で、砂地にカワハギなどが集まっている様子がうかがえます。河口部ということもあり、砂というよりも若干泥が混ざったような「砂泥底」であることが分かります。

比較的濁りの入りやすい河口部でありながら海中の透明度は抜群で、戸田湾の水質の良さを垣間見ることができます(透明度が良い分、日光が海中深くまで差し込み、晴れの日は特に魚に警戒されやすいというデメリットもありますが……)。

ちどり丸の係留船で釣れる魚

釣ったことのある魚

秋のイナダ
秋に釣れた肥えたイナダ

アジ(マアジ)、サバ(マサバ・ゴマサバ)、イワシ(マイワシ・ウルメイワシ・カタクチイワシ) 、マルソウダ、ヒラソウダ、ワカシ、イナダ、カイワリ、マダイ、タチウオ、カワハギ、クロサギ、ネンブツダイ、ヒイラギ、アイゴ、ミノカサゴなど

その他狙える魚

ヒラメ(WEB魚図鑑より引用)

ヒラメ(出典:きくやの常連 WEB魚図鑑

カンパチ、シイラ、ヒラメ、クロダイ、コショウダイ、イトヨリなど

おすすめの記事