ちどり丸の船着き場

戸田の係留船釣りとは

ちどり丸の係留船から見た戸田湾内
ちどり丸の係留船から見た戸田湾内

西伊豆の戸田湾には、湾内に係留してある船で釣らせてくれるサービスがあります。

現在は「たか丸」と「ちどり丸」の2つの船宿が係留船への渡し船サービスを行っています。

係留船の料金は一日(朝~夕方)で2500円と、とってもお得。

電話をすれば、好きな時間に帰ることができるのも魅力です。

戸田の湾内は水深30~40mと非常に深く、川の流れ込みや外海からの潮が入るため、鯛類から青物まで幅広い釣果が期待できます。

また、3方向をぐるっと山に囲まれているため、台風の時でさえ波が穏やかで船酔いしやすい人でも安心です。

ちどり丸の係留船について

出船場所と出船時刻

今回紹介するちどり丸さんの係留船は、戸田大川の少し南に位置する「中央桟橋」の近くにあります。

ちどり丸さんの船宿自体は近くの市街地の中にあるのですが、係留船で釣りをする場合は中央桟橋の近くの船着き場(駐車スペースあり)に直接集合します。

桟橋のすぐ後ろには観光客向けの綺麗なトイレがあり便利です。

出船~帰港時刻は、夏は6時~16時、秋は6:30~15:30、冬は7時~15時となっていますが、厳密に決まっているわけではありません。

桟橋付近にお客さんがある程度揃い次第、ボートで岸壁から係留船まで渡してくれます(岸から2~3分以内です)。

ボートは小型のため、荷物はある程度コンパクトにまとめておいた方が良いです。

大潮の干潮の場合、帰港時にボートから岸壁にはしごを使って登る必要があるため、大荷物や高齢者だと大変なので注意が必要です。

ちどり丸の係留船の設備

ちどり丸の係留船(河口部)

ちどり丸の係留船(出典:Googleマップ 投稿写真 ともかずみねお様

ちどり丸の係留船は小型~大型の船までさまざまです。たか丸の船に比べると、若干小型が多いように感じます。

船酔いするほどではないと思いますが、近くに船が通ると少し揺れるものもあるので、不安であれば大型の船に乗せてもらうと良いです。

船は古いものもありますが、そこそこ綺麗に手入れされています。

ライフジャケットは一応ありますが、持参した方が無難かもしれません。

ポイント
  • タモ網あり
  • バケツあり
  • 簡易トイレあり(小型の船は本当に「簡易」な場合も……。)
  • 電動リール用の電源なし
  • 海水のくみ上げポンプなし
  • 竿受けなし

ちどり丸の係留船の位置

たか丸とちどり丸の係留船の位置
たか丸とちどり丸の係留船の位置

ちどり丸のポイントは点在しており、船長に釣りたい魚や場所を希望すると混雑具合を見ながら振り分けてくれます(ただ、夏は何も言わないとマルソウダ狙いのポイントに案内されるのでマルソウダを釣りたくない方は事前に申告しておくと良いです)。

潮通しが良いポイントが多いため、秋のヒラソウダやイナダ~ワラサといった青物狙いではなかなかの実績を誇ります。

朝のうちにマルソウダの猛攻にうんざりしていても、日が昇りきってから1m級のシイラがコマセの匂いにつられて船の周囲をぐるぐる泳いだりしますので、大物の期待も十分です。

また、カケアガリの上に船が位置しているせいで、風向きや潮の流れが変わるごとに竿下の水深が頻繁に変化します。

河口部付近のポイントには海底が砂泥になっておりクロダイが多いのですが、フグやクロサギといった外道も多いです。

ポイント
  • 水深は34~37m前後
  • 海底は砂地のカケアガリ(海底の坂)
  • 湾口に位置するためたか丸の係留船より潮通しが良い
  • 潮通しは良いが魚が一瞬で通過してしまうことが多い
  • 回遊ルートのせいかアジ狙いはイマイチ(ちどり丸ではボート釣りも可能なのでそちらの方が良い)

ちどり丸の係留船での実釣動画

カワハギ・ホウボウなど(冬)

冬にホウボウなどを釣る動画

つりブラリー様(→YouTubeチャンネル)の動画です。

厳冬期の1月ということで若干釣果は厳しめですが、小型ボートでの出船や係留船の様子がまとめられた素晴らしい動画です。

カワハギやホウボウといった砂地に住む魚が釣れる様子を撮影しておられます。

魚群探知機を持ち込んで確認されている通り(動画の53秒~)、冬季は魚の反応が薄いです。

魚のエサ場や隠れ家になる根や障害物が無いため、居ついて越冬する魚が少ないからだと考えられます。

マルソウダなど(夏~秋)

秋にカイワリやソウダガツオを釣る動画

うみつりネット様(→YouTubeチャンネル)の動画です。

夏~秋は魚の反応が盛りだくさんで、サバ・ソウダガツオ・イナダなどが釣れ盛ります。戸田湾はとにかくマルソウダが多いので、マルソウダをどうやってかわすかがポイントになります。

また、どうしてもかわせないときはマルソウダを寄せ続け、その魚群につられてイナダやシイラが泳いでくるのを待つという方法もあります(海中の様子を見ていると、他の魚がエサを食べている様子に引き寄せられているのが分かります)。

また、動画に登場する「カイワリ」は超高級魚のシマアジに匹敵するほど美味な魚です。ちどり丸は、係留してある位置のせいなのか、カイワリが釣れやすい傾向にあります。小型でも美味しい魚なので、釣れたらぜひ食べてみてください。トロッとした脂の美味さに驚くはずです。

係留船の真下の水中映像

係留船の真下の水中映像

sa0238様(→YouTubeチャンネル)の動画です。サムネイルには良型のコショウダイが映っています。

河口付近のポイントの海底を撮影した動画で、砂地にカワハギなどが集まっている様子がうかがえます。河口部ということもあり、砂というよりも若干泥が混ざったような「砂泥底」であることが分かります。

比較的濁りの入りやすい河口部でありながら海中の透明度は抜群で、戸田湾の水質の良さを垣間見ることができます(透明度が良い分、日光が海中深くまで差し込み、晴れの日は特に魚に警戒されやすいというデメリットもありますが……)。

ちどり丸の係留船で釣れる魚

釣ったことのある魚

秋のイナダ
秋に釣れた肥えたイナダ

アジ(マアジ)、サバ(マサバ・ゴマサバ)、イワシ(マイワシ・ウルメイワシ・カタクチイワシ) 、マルソウダ、ヒラソウダ、ワカシ、イナダ、カイワリ、マダイ、タチウオ、カワハギ、クロサギ、ネンブツダイ、ヒイラギ、アイゴ、ミノカサゴなど

その他狙える魚

ヒラメ(WEB魚図鑑より引用)

ヒラメ(出典:きくやの常連 WEB魚図鑑

カンパチ、シイラ、ヒラメ、クロダイ、コショウダイ、イトヨリなど

ちどり丸の係留船でのタックル

竿

青物などを狙うためのコマセ釣り用の竿と、カワハギ等を狙うための小物釣り用の竿を用意すると良いと思います。

コマセ釣り用の竿は、30~60号前後のオモリを背負えるものであれば何でも良いです。

魚の急な突っ込みをかわすためのクッションゴムさえ付けておけば、投げ竿などでも代用できます。

小物釣り用の竿は、20~30号前後のオモリを背負えれば、シーバスロッドやコンパクトロッドで十分です。

ちょい投げして狙うことも可能なので、スピニングリール対応の竿だと良いです(シーバスロッドやコンパクトロッドは通常の場合スピニングリール用なので大丈夫です)。

リール

コマセ釣りにおいては、イナダ等の青物の遊泳層は頻繁に変わるため、水深計がついたリールだとタナが計りやすくて便利です(上記はPEライン3号が200m巻けるリールです)。

小物釣り用のリールは、大体海底付近を攻めることになると思うので、スピニングリールで十分です。

道糸

コマセ釣り用のリールにはPE3号前後の道糸を巻いておけば良いと思います。

潮の流れも緩やかなので2号~6号ぐらいなら何でもOKです。

シマノのタナトルのように1mごとに着色されているPEラインを選べば、水深を計りやすくなります。

小物釣り用のリールには、PE1~2号前後の道糸を巻いておけば大丈夫です。

ナイロンラインでもなんとかなりますが、30m以上の水深で細かいアタリをとるにはPEラインの方が有利です。

コマセ釣り用の天秤・ビシなど

係留船でのコマセ釣りは、船釣りと同じ「30~50cmの片天秤+30~60号のビシ(またはコマセカゴ+オモリ30~60号)+短めのクッションゴム+仕掛け」という形が基本になります。

水深は34~37m前後と深いものの、潮の流れは緩やかなためオモリは30~40号あれば十分です。

ソウダガツオ等をかわして素早く投入したい場合は50~60号のオモリを使用しても良いですが、疲労感は増します(笑)

たか丸の係留船では船の下にサンバソウ(イシダイの幼魚)などが居ついておりエサをとられたりするのですが、ちどり丸の係留船ではそういったことも少ないので、50~60号のオモリを使うメリットはあまり無いと思います。

小物釣り用の天秤・オモリ

カワハギ・ホウボウ等を狙う場合は底が取れる20~30号前後のオモリでOK。ちょい投げの場合はジェット天秤などでも可。

各魚種の釣り方と仕掛け

アジ(春~秋)

アジ(WEB魚図鑑より引用)

マアジ(出典:sfc WEB魚図鑑

アジメインなら片天秤にウィリー仕掛け、またはサビキ仕掛けを用いて釣るのが良いです。オキアミなどの大きめのエサにはどうも反応が悪いので、小さな餌(針)が有利です。

夏季の小~中型のアジなら底~中層狙い(けっこうタナが上下します)、大型のアジ狙いなら底付近が良いと思います。

ちどり丸は回遊ルートの関係か、あまり大アジが釣れることがありません。

本格的にアジを狙いたい方は、ブイや大型船に係留して釣るボート釣り(4~11月)の方が広いポイントを探れておすすめです(水深が深すぎてアンカーを打つのが難しいため、ブイや許可を得た大型船に係留して釣るスタイルです)。

海底付近でコマセを撒いていると、超高級魚シマアジに匹敵するほど美味なアジの仲間「カイワリ」が釣れることがあります。

カイワリ(WEB魚図鑑より引用)

カイワリ(出典:ユジダル WEB魚図鑑

カンパチ(夏~秋)

カンパチ(WEB魚図鑑より引用)

カンパチ(出典:ぷいぷいユッケ WEB魚図鑑

私が通っていた頃(5~10年前)は、たか丸でしかカンパチが釣れない日が多かったのですが、2017年はカンパチの当たり年だったようで、ちどり丸でもカンパチが釣れ盛ったようです(→釣具のイシグロさんの釣行記より)。

年によって群れの大きさや回遊ルートが異なるので、有利なポイントや釣り方は変わる可能性があるということかもしれません。

カンパチは動くエサばかり食べる習性があるので、ウィリーやカブラ(魚の皮を使った疑似餌)をガンガンシャクると水面付近まで追ってきてよく釣れます。

1匹が水面に寄ってくると、他のワカシ・カンパチも続けて追ってくることが多いので、群れの少し下まで仕掛けを沈め、再びシャクリ上げると入れ食いになったりします(水面で誘うと見切られるので、コマセを撒きながら下からシャクリ上げます)。

動くものに興味を示すのでルアー(メタルジグ)なども有効ですが、コマセで足止めしないと単発で終わりやすいです。

イナダ・ヒラソウダ(秋)

ワカシ(WEB魚図鑑より引用)

イナダ(出典:ユジダル WEB魚図鑑)

ヒラソウダ(WEB魚図鑑より引用)

ヒラソウダ(出典:ユジダル WEB魚図鑑

片天秤に市販の仕掛け(空針2本、全長2~4m)にオキアミ餌を付けて狙います。

イナダ狙いにおいては、潮が澄んでるせいか、捕食している餌の大きさの問題なのか、ウィリーよりもオキアミ餌が若干有利です。

ヒラソウダはサビキ仕掛けでも大丈夫ですが、姿が見えている時は天秤仕掛けの方が自然にオキアミやウィリーが流れて食いが良いです。

潮通しが良いので11月ごろには40~50cmのイナワラ(イナダとワラサの中間)サイズも出やすく、同時期に釣れるヒラソウダは脂がのっており絶品です。

クロダイ(周年)

クロダイ(WEB魚図鑑より引用)

クロダイ(出典:ヒサビッチャ☆ WEB魚図鑑

戸田大川の河口部に近いちどり丸の係留船では、クロダイは特に有望なターゲットの一つです。

仕掛けは船釣りのマダイ狙いと同じです。片テンビンにビシ・クッションゴム1m前後・ハリス6m以上に1本針・オキアミ餌で狙います。

釣り方の基本は船のマダイ釣りと同じで、ビシを海底まで沈め、コマセを撒きつつビシを底から「ハリスの長さ+クッションゴムの長さ」分の高さまで巻き上げ、付けエサを海底ギリギリに漂わせる釣り方です。クロダイ狙いの場合はビシの位置を低くしてハリスを底に這わせる方法もあるのですが、ちどり丸の係留船の真下の海底は泥や細かいゴミが多く、あまり有効ではなさそうです(泥やゴミで汚れた付けエサのオキアミの食いは悪くなる気がします)。

河口部とはいえ潮が澄んでいて魚の警戒心が強いためか、常連さんはハリス8mの仕掛けで50cmほどのクロダイを釣っておられました。6m~7mの仕掛けでは食わなかったので8mまで伸ばしてやっとのことで掛かったとのことでした。

ただ、ちどり丸の係留船はソウダガツオが入れ食いになることが多く、長いハリスで釣るのはオマツリ等のリスクが伴います。空いている日に、係留ロープや潮の流れを確認しつつ釣ると良いと思います。

ヒラメ(周年)

ヒラメ(WEB魚図鑑より引用)

ヒラメ(出典:きくやの常連 WEB魚図鑑

ヒラメを狙うのなら、釣れた小アジ・イワシ・小サバ等をエサに泳がせ釣りをすると良いです。

海底はほとんどが砂地か砂泥のため根掛かりも少なく、船釣りのようにこだわったものである必要はなく、通常の仕掛けで釣れているのを見聞きします。

死んだエサにはダイナンウミヘビ・ダイナンアナゴ・アカエイ・ウツボなどが喜んで食いつきますので、生きたエサを使うのが大切です(死んだエサにもヒラメは食いつきますが、外道が食う確率が跳ね上がります)。

ただ、戸田湾にはヒラメ以外の外道の方が圧倒的に多く、釣れたらラッキー程度に考えあまり期待しない方が良いと思います。

私自身も何回か挑戦していますが、2m超えの超巨大ダイナンウミヘビや、10分以上やりとりしても上がってこない超巨大アカエイなど、外道ばかりです。

個人のブログやちどり丸さんの釣果速報を見ても、ヒラメはほとんど釣れていないことが分かります。

アジやイワシなどの良い活き餌が確保できないので仕方なくヒイラギをエサにしてみたところ、ミノカサゴが釣れたことはありましたが……。

サバ・マルソウダ(初夏~秋)

マサバ(WEB魚図鑑より引用)

マサバ(出典:ユジダル WEB魚図鑑

マルソウダ(WEB魚図鑑より引用)

マルソウダ(出典:ユジダル WEB魚図鑑

サバ・ソウダガツオは、群れさえ湾内に入っていればサビキ仕掛けでいくらでも釣れます。

サビキ仕掛けは、堤防用だとハリスが0.6~1号と細めのものが多く、ソウダガツオ等の30~40cm以上の魚には切られてしまいます。そこで、次のような「ハリスが3号以上の太めのサビキ仕掛け」を選ぶとソウダガツオなどにも対応可能です。

また、「サバは釣れるのであればイワシも釣れるかも」と考えがちですが、ちどり丸の係留船では係留場所の関係か、まとまってイワシが釣れたことがほとんどありません。たか丸の係留船ではイワシが釣れ盛ることが多いので、イワシを狙いたい方はたか丸の係留船に行った方が無難です。

シイラ等の大物(夏)

シイラ(WEB魚図鑑より引用)

シイラ(出典:ヒサビッチャ☆ WEB魚図鑑

ソウダガツオに交じって、本ガツオや1m級のシイラなどが回遊してくることもあります。

本ガツオは滅多に姿を見せませんが、シイラは(サイズにばらつきはあるものの)結構な確率で目にするので期待できます。

コマセの匂いや、他の魚がエサを食べている様子につられて係留船の周辺に寄ってくることが多いので、マルソウダに負けずにせっせとコマセを撒き続けていると、昼過ぎなど意外な時間にチャンスが巡ってきます。

ルアーでも狙えないことはないのですが、戸田湾の中~大型回遊魚は移動速度が速く一か所に留まっていないので、コマセで足止めしながら釣らないと単発ヒットで終わりやすいです。

また、秋~冬にブリが釣りあげられることもありますが、本当に単発(船で1匹など)なので、宝くじ程度に思っておいた方が良いです。

タチウオ(夏~秋)

タチウオ(WEB魚図鑑より引用)

タチウオ(出典:ユジダル WEB魚図鑑

戸田湾にはタチウオの好物であるシラスやイワシが湾外から入ってくるため、それを追いかけてタチウオの群れが入ることがあります(主に夏~秋)。

暗い場所を好むタチウオを狙うには「マズメ(夜明け・日没)」または「曇りの日」や「潮に濁りがある日」が適しているとされますが、ここ戸田の係留船では、よく晴れて潮も澄んでいる日中に、ブルーカラーのメタルジグを適当にシャクっているだけで釣れたこともあるので、正直よく分かりません。ただ、曇りの日・濁り潮の方が数多く釣れる傾向にはあります。

船釣りと同じように、タチウオ用の天秤仕掛けにサバの切り身を付けてシャクるのも良いと思います。

専門で狙うなら「夜の係留船(5500円)」という手もありますが、タチウオなら都心からほど近い東京湾でも魚影が濃いため、敢えて戸田まで行って狙う価値があるかというと微妙です。

カワハギ等の小物釣り(周年)

カワハギ(WEB魚図鑑より引用)

カワハギ(出典:西野敬 WEB魚図鑑

ちどり丸の係留してあるポイントは砂地のカケアガリ(海底の坂)が多いので、変化のある砂地を好む「カワハギ」「ホウボウ」「イトヨリ」等の魚がよく釣れます。

エサはアオイソメ・アサリのむき身・オキアミなどを使用し、基本的には胴突き仕掛けで狙うと良いです。

軽く投げて広く探ったり、竿下で上下に誘ったりしながら魚にエサをアピールすると、カワハギやホウボウなどは好奇心が強い魚なので積極的にアタックしてきます。

カワハギはエサ取り名人と言われる魚ですが、海底にあるエサだと一気に針まで吸い込むことが度々あるので、ジェット天秤やキス天秤を用いたちょい投げ仕掛けで海底を探るのも有効です。

ただ、河口付近のポイントで海底を引きずると、ゴミや泥によって不快な思いをします。

また、海底が泥のポイントにはホウボウやイトヨリといった価値のある魚が少なく、フグやクロサギといった外道が多いので、何投かして泥やゴミが引っかかるようであれば、胴突き仕掛けに変更した方が無難です。

戸田湾の海底には砂や砂泥が多いのでシロギスが釣れそうに見えますが、水深が深いせいかほとんど釣れません。

たまに巨大なシロギスや小~中型のアマダイが釣れて盛り上がりますが、メインで狙えるほどの数はいないのでカワハギの外道に釣れたらラッキーぐらいの気持ちでいると良いと思います。

大型マダイ(特殊な釣り方)

マダイ(WEB魚図鑑より引用)

マダイ(出典:ユジダル WEB魚図鑑

ちどり丸の係留船で、普通の天秤仕掛けを使って釣れるのは小型のマダイばかりで、大物はほとんど釣れません。

大物を釣るには静岡県の伝統釣法「マキコボシ釣り(→釣り方)」または「ボート釣り( 4~11月のみ出船/コマセ釣り・マキコボシ釣りの両方が可能)」に分があります。

マダイの数はさほど多くはありませんが、ときおり3~5キロクラスの超大物や大型のイシダイが釣り上がります。

船着き場に近いポイントにマキコボシ専用の係留船(小型)があるので、マダイ狙いに特化したい場合はそちらで狙うのも良いと思います。

マキコボシ釣り用タックル(参考)

まとめ

戸田の茶トラ猫
船着き場付近にいる茶トラ猫

今回は戸田のちどり丸さんの係留船での釣りについて紹介させていただきました。

正直なところ、メインとなる回遊魚の釣果は魚の溜まりやすい位置にあるたか丸さんの係留船に分があるような気がします。

ただ、ちどり丸さんは出船場所の真後ろに観光用の綺麗なトイレがあり、日差しで火照った顔や汚れた手を洗うのに便利で、ついつい利用してしまいます。

また、船着き場ののんびりした雰囲気や、船長さんにエサをねだるノラ猫たちにも癒されるため、気分転換には最適です。

マルソウダ以外は安定した釣果が出にくいちどり丸ですが、シラスが湾内に入っている時には、タチウオやカマス狙いで夜の係留船(5500円)が盛り上がりますので、気になる方は利用してみても良いかもしれません。

(たか丸さんにも夜の係留船(3500円、最低人数2人~)があるのですが、釣果報告がほぼ無いのでポテンシャルは不明です。)

おまけ「あると便利な竿受け」

ちどり丸では魚の回遊待ちの時間が多くなりがちなため、竿受けを用意しておくと便利です。

コマセ釣りにはチビラークあたりの丈夫な竿受けを使うと、ビシの重さやソウダガツオなどの引きにもしっかりと耐えられます。

また、カワハギなどのオモリの軽い小物釣りには受太郎などの手軽な竿受けで十分です。

おすすめの記事